スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
グルメブーム以来、食べ歩き、行列のできるラーメン屋、穴場のレストラン、温泉宿の食事紹介等、激安ランチから食べ放題まで、「食」に関する番組は非常に多い。

食欲のない時、こういった番組を観ることで、目からの刺激が胃に届くことになり、何か食べたい気持ちにしてくれます。

パブロフの条件反射ではありませんが、例えば子供は「おやつ」という言葉を聞くだけで、ビスケットやプリンなどをイメージして唾液をわかせるといいます。

原理はこれと同じ。画面を通してのおいしそうなメニューや、実際に芸能人などがおいしそうに食べている姿などが交感神経を刺激し、胃を目覚めさせてくれるに違いありません。

疲れていて、あまり食欲のない時には、まずはこのような番組を観てから、食事をするといいかも知れません。
今晩はぐっすり眠って疲れをとるぞと思っても、なかなか寝つけない日があります。そんな時は、ホットミルクを飲んでみましょう。

ミルクに含まれるトリプトファンというアミノ酸は、体内でセロトニンに変わり、これが脳に働きかけて眠気を誘ってくれます。

また、あまりお腹がすきすぎていると、眠れないということもあります。
このような場合には、何か胃に入れることが必要です。
しかし、消化のよくないものでは、副交感神経が優位になっている夜には胃液が分泌されにくいため、翌朝の目覚めで胃が重くなってしまいます。

そこで、飲み物―ホットミルクの出番です。こんな場合には、誘眠作用の得られるホットミルクがいいというわけです。
チョコレートが興奮剤になることは良く知られていますが、最近の研究で、チョコレートに含まれるカカオマス・ポリフェノールには、肉体的、精神的ストレスに対するダメージを抑える効果と、またダメージを受けても、そこから回復する効果があることが分かってきました。

これは、チョコレートを与えたラット、与えなかったラットを比較した研究の結果、明らかになったことです。

ショックで落ち込んだ時、またこの逆にこれから何かにチャレンジするのに心をかきたてる時、チョコレートは有効とのこと。

カバンの中にいつも一枚の板チョコというのが、ストレス回避の簡単な方法というわけです。
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。