最近、どうも疲れが取りきれず、体がだるい。肩が凝るようになった。食欲も今いちないし、ストレスで胃も不調だ。

毎日毎日、オフィスでプレッシャーにさらされているサラリーマンや、家事や子育てに追われている主婦の方、はたまた気楽な身分のはずの学生さんまで、「さまざまな疲れ」に悩まされている現代人は多いはずです。

このサイトでは、そんな「疲れた方々」のために、簡単にできて効果の高い裏技・隠し技をご紹介します。
「軟水」「硬水」という言葉を聞いたことがあると思います。
日本の水は軟水なので、ご飯を炊いたりお茶を入れたりするにはおいしいのですが、ミネラルがあまり含まれていません。

一方、ヨーロッパなどの水は硬水なので、カルシウム、マグネシウムなどの、口からの摂取が必要な微量栄養素を含んでいます。そのため、ソフトドリンクがわりに使用すると健康に良いです。

特に、デスクワークなどで、一日中座り通しのため、頑固な便秘に悩んでいる人にはお勧めです。

ただし、日本人の場合、軟水に慣れているので、いきなり多量の硬水を飲まないようにした方が無難です。少しずつ飲む量を増やしていきましょう。

最高硬度をもつ水は、フランス産のコントレックスで、硬度1500超、コンビニなどで簡単に手に入る同じくフランス産のエビアンは、硬度300弱。その差は歴然としています。

それだけにファンも多く、便秘解消効果がダントツと、女性に注目されています。
しかし、こちらは宅配での直接販売しかしていないので、水で疲労回復や健康維持ができるならば試してみたいという方は、調べて問い合わせてみると良いでしょう。
ご飯を炊く時に、木炭を入れるとふっくら炊けるとか、水の中に入れておくとおいしくなるとか、木炭のリ利用方法は、週刊誌や雑誌などにあれこれ紹介されています。

木炭には、プラスイオンを吸着して、マイナスイオンを増加させる働きがあります。それがご飯をふっくらさせたり、水をおいしくしてくれたりするパワーになるのです。

これを使わない手はありません。いろいろな物を浄化してくれるのならば、心だって浄化してくれるはず。そこで、まずは室内の空気をきれいにするために使いましょう。

部屋の中でのプラスイオンの増加は、体の酸化を助長し、疲労回復を遅らせたり、老化を早めたりします。

いつもはオフィスの汚れた空気の中にいるのですから、休日くらいは木炭を置いた部屋で過ごしてみましょう。

部屋に木炭を置けば、体に良い影響を与えるマイナスイオンで満ちるはず。そうしておいて、世間の汚濁(おだく)にまみれた体も心も浄化させるのです。

使う木炭は、洗剤を使わずに流水でよく洗い、10分ほど煮沸(しゃふつ)したあと、日陰でよく乾燥させておきます。それを、カゴなどの通気性のよいものに入れ、部屋の隅に置くだけです。そうしたらゆったりとゴロ寝でもして好きな雑誌でも読んでいれば、その間に心の洗濯もできてしまうというものです。