Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
立ち通しの時間が長くなると、足の後ろ側にあるふくらはぎだけでなく、前面にある「すね」の部分も疲れてきます。
それによって足がつってしまうのですが、これはつまり、軽いけいれんを起こしているということです。
だからちょっと足を休められる場所に行き、座った姿勢で足を伸ばしましょう。

足を伸ばして座ったら、まず、つま先を手で持って手前に引っ張ります。こうすると、つった筋肉の緊張がほどけて、少しずつ緩んでくることが分かるでしょう。

足を引っ張る時に、アキレス腱を伸ばすつもりで、ググッと自分の方に足の指を引っ張るのがコツです。
デスクワークなどで、同じ姿勢を長時間続けていると、どうしても肩への負担が大きくなります。
このような状態を続けていると、血行を悪くし、こりの原因となります。

こういうときはとにかく、かたまった筋肉をほぐし、中でとどこおっている血流を良くしてやればよいわけです。

まず、肩の力を抜きます。
次に、自然な呼吸をしましょう。
そして、力まずに、片方の肩をゆっくりと上げます。
そうしたら、頭を、これもゆっくりと、上げた方の肩へ近づけるつもりで傾け、この状態を数秒間保ちます。
肩は持ち上げたまま、ゆっくりと頭だけを戻し、それから肩をおろしましょう。

この動作を、反対の肩でも行ないます。左右何度か繰り返してみましょう。

この運動は、あくまでもゆっくりと行なうのがコツです。この動作をしながら、肩から背骨、骨盤にまで意識を向ければ、効果はさらにアップします。
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.